東京都の緊急事態宣言が解除された26日、佐賀県首都圏事務所は常勤職員を2人態勢から9人態勢に増やした。総勢18人いる職員の半数ずつが交代で在宅勤務し、時差出勤を引き続き認めている。帰省や出張は当面控えるなど、新型コロナウイルスの感染防止に留意して業務に当たる。