弁護士や司法書士、社会福祉士ら専門家でつくる生活保護支援九州・沖縄ネットワークは、新型コロナウイルスの影響で生活に困窮している人を対象にした一斉相談会を、29日に開催する。電話で対応する。

 生活保護をはじめ、失業や閉店によって生活苦になっている人の支援手段や対応策の相談にも応じる。ネットワークでは、生活保護に関する意見書の作成や同行申請、代理援助などを支援している。

 佐賀県では「生活総合支援ネットワーク佐賀」(絆ネット)が担当する。午前11時から午後4時まで。相談受け付けは、電話0952(22)6284。

このエントリーをはてなブックマークに追加