新型コロナウイルスの感染拡大が続いた4月の売上高について、佐賀県内の主要企業の72・1%が「前年同月より減った」と答え、業績が悪化していることが、東京商工リサーチのアンケート調査で分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加