佐賀市議会経済産業常任委員会(千綿正明委員長、9人)は26日、県飲食業生活衛生同業組合佐賀支部と近日中に意見交換会を開くことを決めた。市内の飲食業について、新型コロナウイルスの影響や現状を聞き取る。

 同組合が意見交換会の開催を議会に要望していた。委員からは「委員会として現状について聞くことは大事」「(経営が)6月までもたない飲食店もあるという話もある」との意見があり、早急に開催することを決めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加