東京商工リサーチの新型コロナウイルス影響調査(4月)で、感染拡大を防ぐために在宅勤務・リモートワークを実施した佐賀県内の企業は42・2%で、前月より29・0ポイント増加した。県内でも在宅勤務、リモートワークが広がっている。

 アンケートのこの設問に対しては県内83社が回答した。企業規模別で見ると、大企業が61・5%、中小企業は38・5%で、実施率に20ポイント以上の差があった。

 東京商工リサーチ佐賀支店は「在宅勤務をするためには準備も必要。社内インフラの整備、人員充足度などの違いが背景にあるとみられる」と分析している。

このエントリーをはてなブックマークに追加