東京商工リサーチの新型コロナウイルス影響調査(4月)で、感染拡大を防ぐために在宅勤務・リモートワークを実施した佐賀県内の企業は42・2%で、前月より29・0ポイント増加した。県内でも在宅勤務、リモートワークが広がっている。 アンケートのこの設問に対しては県内83社が回答した。