国内外からの支援の広がりに「涙が出るほどうれしい」と話すキャラバンの河上彰範さん=唐津市中町の同店

 新型コロナウイルスの影響で客足が落ち込んでいた唐津市中町のステーキ専門店「キャラバン」が、先払いチケットを販売したところ、国内外のアニメファンらによる買い支えの輪が広がっている。“聖地巡礼”のお客さんへのもてなしを続けてきたオーナーシェフの河上彰範さん(42)は「涙が出るほどうれしい。みんなが集まれる場所を残していきたい」と前を向く。

 河上さん自身も大のアニメ好き。唐津を舞台にしたテレビアニメ「ユーリ!!! on ICE」(2016年放送)のファンに向けた貸し切りスペースの設置やSNSでの交流などもあり、毎週訪れるファンもいたという。

 だがコロナの影響で売り上げが激減、県外客が約6割を占める同店は大打撃を受けた。常連客から「大好きな唐津がピンチになっている。協力したい」との声があり、有効期限を設けずに先払いするチケットをネットで売り出した。4月28日に販売を始めると1カ月足らずで251人が購入、額は245万円にも上った。

 台湾や米国など海外からの注文もあった。「必ず唐津に行くね」「力になりたくて」とメッセージや贈り物も寄せられ、1人1人に手紙を返している。河上さんは「ここ3年ほどは毎日のように手紙を頂き、コロナでさらに応援の声が増えた。どうにかしのいでいきたい」と力を込める。

 チケットは5千~10万円まで。1万円以上のチケットは、利用できる料金を1割上乗せしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加