表彰を受けたNPO子どもの本屋ピピンの岩永光子代表(右)と泉法子さん=佐賀市呉服元町の同店

 佐賀市のNPO子どもの本屋ピピン(岩永光子代表)など県内5団体が、子どもの読書推進に貢献したとして文部科学大臣表彰を受けた。岩永代表は「自分たちの好きなようにやってきたことを評価され、今後の励みになる」と笑顔を見せた。

 子どもの本屋ピピンは2003年に設立、佐賀市呉服元町で児童書専門店を営む。絵本の読書会や作家を招いたワークショップを開くなど、精力的な活動が評価された。

 4月に東京で予定されていた表彰式が新型コロナウイルスの感染拡大で中止になり、このほど県の担当者が店舗を訪れて表彰状を伝達した。県の担当者は「子育て支援に加え人材育成にも力を入れていて、長年の活動が県内のグループの模範にもなっている」と感謝を示した。

 その他の表彰団体は次の通り。

 三日月小(小城市)▽大坪小(伊万里市)▽吉田中(嬉野市)▽唐津市近代図書館

このエントリーをはてなブックマークに追加