秀島敏行佐賀市長(右)に除菌電解水給水器を手渡す小城重機建設の北川弘樹社長=佐賀市役所

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて、土木工事業の小城重機建設(佐賀市、北川弘樹社長)が25日、佐賀市へ除菌電解水給水器1式を贈呈した。給水器は市役所本庁に設置し、職員が利用する。

 同社は環境事業も展開し、給水器はレンタル・販売用として取り扱っている。除菌効果のある次亜塩素酸を含む酸性電解水を生成し、手洗いや物などの除菌に使用できる。

 佐賀市役所であった贈呈式で、北川社長は「私たちの生活や仕事を守っている職員の皆さんの健康を願って贈呈した。電解水で手洗いをしていただければ」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加