唐津市の洋画家、乗田貞勝さん(75)が、4冊目の画集「命の道」を刊行した。1978年、バリ島へ制作の旅に出掛けてから42年。これまでネパール、ヒマラヤなど世界各地を舞台に、現場主義を貫いてきた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加