佐賀県庁

 新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の全面解除を受け、佐賀県の山口祥義知事は25日、県庁で記者団に「東京、大阪、北海道との移動は宣言解除と関係なく、自粛すべきだと思っている」と述べ、慎重な姿勢を見せた。

 山口知事は九州知事会で「九州内の県をまたいだ往来を解禁すべき」と述べており、「国の全面解除の判断に関わらず、九州内の往来はいいという主張は一貫している」とした。

 一方、東京や大阪、北海道との移動については「感染リスクが高いので往来を避けてほしい。九州の外との出入りを慎重にし、(感染経路を)つぶしていくことが大事だ」と強調した。

このエントリーをはてなブックマークに追加