情報通信技術(ICT)を活用し、現場に赴かずに遠隔地からのリアルタイムの映像や音声で公共工事などの立ち会い検査をする「遠隔臨場」について、佐賀県内でも導入に向けた動きが出ている。