佐賀県は25日、新型コロナウイルスへの感染の有無を調べるPCR検査の件数がゼロだったと発表した。県内で検査数がゼロだったのは3月22日以来、64日ぶり。県内で医師が感染を疑うケースが減っているとみられる。県内の新規感染者は、再陽性を除き、21日連続でゼロが続いている。