唐津市役所

 唐津市は25日、総額11億4960万円の補正予算案を発表した。新型コロナウイルス感染症緊急対策の第2弾として、市内中小企業や小規模企業者に最大20万円を助成する。6月1日開会の定例議会に提出し、四つの支援事業については、補正予算案の一部として先議する。

 最大20万円の助成は、今後も事業を継続し、今年2~5月のいずれかの月で、売上高減少率が前年同月比20%以上だった中小企業、小規模企業者(宿泊、飲食事業者を除く)の約4千事業者が対象になる。先議し、承認された場合は速やかに受け付けを開始する。

 離職や廃業で住居を失った人や失うおそれのある人に、家賃相当分の住居確保給付金も支給する。67人を想定し、原則3カ月で1カ月3万8千円から5万2千円の範囲で支給する。

 タクシー事業者に買い物代行を頼むニューサービス支援では初乗り料金を事業者に補助し、テイクアウト事業に取り組む飲食店には割引券発行を1店舗で最大10万円支援する。

 財源は、モーターボート競争事業収益金5億円や国の地方創生臨時交付金などを充てる。

このエントリーをはてなブックマークに追加