佐々木英利校長(左)にマスクを贈呈する陣内幸子施設長=鳥栖市、旭小

 鳥栖市の旭小(佐々木英利校長、772人)に、近くのケア付き有料老人ホーム「ばんざい」(陣内幸子施設長)から、子ども用のマスク500枚が贈られた。

 小学校には常備マスクがあり、忘れた子にすぐ渡すようにしているが、子ども用は確保が難しく、同校は「マスクを忘れないで」と児童・保護者に呼び掛けている。その状況を知ったばんざいの陣内施設長が、利用者や職員にはサイズが小さかったという予備用のマスクを贈った。

 大人用のマスクは、特に低学年の子には使いづらく困っていたといい、マスクを贈られた佐々木校長は「子どもたちにとって大変貴重で、大切に使わせていただきます」とお礼を述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加