支援が必要な世帯などへの食料支援を募る唐津市社協の片渕啓太主事

 唐津市社会福祉協議会は、貸し付けの相談に訪れた人に食料品を贈る支援を続けている。新型コロナウイルスの影響で、3月末から貸し付けの相談が急増し、提供する食料品が少なくなっており、個人・企業などに食料品の寄付を募っている。

 昨年7月から始めた「フードエイド♡からつ」という独自事業で、社協の貸し付け制度「生活福祉資金貸付」の相談者や支援を必要とする世帯に、個人などから募った缶詰などを単発で提供している。レトルト食品やカップ麺などを1食分、生活が苦しい世帯には最大7日分を支援。昨年度は40件の寄付があり、82人に提供した。

 3月末から貸し付けの対象を新型コロナの休業・失業者に広げると、月平均で数件だった相談件数は、約2カ月で400件にも上った。休業した飲食店やスナックのほか、タクシー業者からの相談も寄せられているという。

 5月中旬からは貸し付けの相談者全てに提供を始めたこともあって、食品は残りわずか。社協は賞味期限が3カ月以上残っている缶詰、乾麺、レトルト食品などの寄付を呼び掛けている。片渕啓太主事(33)は「皆さんの寄付で賄っている。フードロスの削減にもなるので、ぜひ協力をお願いしたい」と話す。

 問い合わせは唐津市社協、電話0955(70)2334。

このエントリーをはてなブックマークに追加