鹿島産のそば粉を使ったそば打ち体験が22日、鹿島市の鹿島保育園(中村英之園長)であった。園児23人と保護者、そば打ち愛好家ら約30人が一緒に粉を練り、ざるそばのさっぱりとした味わいと喉越しを楽しんだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加