読者と記者の交差点

 新型コロナウイルスの暮らしへの影響などを調べた佐賀新聞社のウェブアンケートで、国が支給する10万円の特別定額給付金の使い道について「生活費に充てる」と回答したのが58・4%に上った。

 次いで「貯蓄する」が18・8%だった。他には「旅行」「大きな買い物をする」「家庭のIT環境を整える」とする意見や、「進学費用」「仕送りする」「子どもが退屈しないものを買う」など、子どもたちに使うという声があった。医療従事者の女性は「職場に寄付」と回答した。

 アンケートは佐賀新聞社のサイトで4月下旬に実施し、約100人から回答を得た。

このエントリーをはてなブックマークに追加