インターネットやテレビ、ラジオで講義を行う放送大(本部・千葉市)の有志教員らが、新型コロナウイルス感染症を巡る一般向け緊急講義を25日からネット上で始めることが24日、同大への取材で分かった。講義は総集編も含めて全10回。各5~6分とコンパクトに、ウイルスの基礎知識や社会に起きている問題を説き起こす。

 講義名は「新型コロナウイルス流行の中で」。誰でも見られるように、動画投稿サイト「ユーチューブ」の放送大チャンネルで配信する。感染症対策のため、教員9人が自宅などからテレワークも活用して収録した。

 緊急講義の呼び掛け人となった大橋理枝教授(異文化間コミュニケーション)は「さまざまな面から新型コロナを取り上げました。ぜひ、問題を考えるきっかけにしてほしい」と話している。

 講義では「新型コロナウイルスとは」「社会的な距離をとるということ」などとして、ウイルスの構造や感染の仕組み、流行再燃への対応策などを取り上げるほか、「読書のすすめ」「運動不足の弊害」といった、外出自粛を想定した中身も。

 感染症の流行が社会にもたらす分断や差別、非日常的な状況での情報発信や受信といった深刻な問題についても、人文社会科学の目で分析する。

 出演や企画に携わった教員10人は、感染予防のため収録や打ち合わせをオンラインで行った。スピード感を重視して、ネット上での先行公開を決めたという。放送内容は後日、再編集した上でBS放送の同大チャンネルでも流す予定だ。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加