佐賀から太平洋を横断し、北米大陸を目指すガス気球が25日早朝、佐賀市嘉瀬町の市防災ステーションを飛び立った。5日程度で約9600キロ離れた米国中西部ニューメキシコ州まで飛行する計画。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加