鹿島市が作成した防災マップ。全戸に配布している

 鹿島市は、水害や土砂災害など地域の災害リスクと防災情報などをまとめた防災マップを製作した。想定される最大の雨量に合わせ、洪水ハザードマップを改定している。4~5月にかけて全戸配布しており、市総務課は「災害時の避難のために役立てて」と呼び掛ける。

 水防法改正を受け、県による洪水時の浸水想定区域の見直しを踏まえて製作した。風水害や地震津波といった災害時の注意点を示している。避難時に特別の場合を除いて車の利用を控え、複数人での行動を心がけることなどを列挙。備蓄品や持ち出し品リストも紹介した。

 土砂災害の警戒区域への指定で民家などの被害が出る恐れがあるエリアも反映している。パソコンやスマートフォンで閲覧できるウェブ版(英語にも対応)も作った。

 梅雨時期を前に、市総務課は「日ごろから家族で避難経路などを話し合って備えを」と話している。

このエントリーをはてなブックマークに追加