鹿島市は、水害や土砂災害など地域の災害リスクと防災情報などをまとめた防災マップを製作した。想定される最大の雨量に合わせ、洪水ハザードマップを改定している。4~5月にかけて全戸配布しており、市総務課は「災害時の避難のために役立てて」と呼び掛ける。