VRゴーグルを装着して映像を楽しむ入院患者のイメージ

 NTTドコモやエムスリー、ソニーの3社は22日、医療機関や患者の支援に向けて、情報通信技術(ICT)やIoT(モノのインターネット)を活用した協業の検討を始めたと発表した。まず新型コロナウイルスに感染して外出できない入院患者に、仮想現実(VR)の映像で外にいるような感覚を味わってもらうプログラムなどを試験的に提供する。

 ドコモが安定した通信環境を、エムスリーは医療でのIT活用の知見を、ソニーはIoTなどの技術をそれぞれ持ち寄る。今後はコロナ感染症の患者向けの遠隔問診や、症状のモニタリングなどにも技術の活用を検討する。

 患者がVRゴーグルを装着すると目の前に映像が浮かび上がり、風景のほか家族の映像をリアルタイムで映し出して一緒にいるような体験ができるという。

このエントリーをはてなブックマークに追加