東京都の休業要請緩和のステップ

 東京都の小池百合子知事は22日の定例記者会見で、新型コロナウイルス特別措置法に基づく首都圏の緊急事態宣言が25日に解除された場合、26日午前0時から休業要請の緩和を開始する方針を明らかにした。段階的に緩和を実施するロードマップ(行程表)の詳細も公表した。首都の経済・社会活動再開に向けて道筋を付けると共に、再度の感染拡大の抑え込みと両立を図る。

 「ステップ1」に当たる博物館や美術館、学校などが最初の緩和対象となる。観客席を除く運動施設も含まれ、野球やバスケットボールのBリーグなどのプロスポーツは無観客での開催が可能となる。50人までの小規模イベントも実施できる。飲食店はこれまで午後8時までだった営業時間を酒類の提供も含めて午後10時までとする。

 学校については、週1日の分散登校からスタートし、段階的に日数を増やす。オンライン教育も積極的に活用する。緊急事態宣言の解除に合わせて速やかに登校開始日が設定できるよう調整を進めている。

 緩和のステップは1~3まで。次の段階に移行するまでの期間は約2週間を基本とするが、感染者の状況などを参考に早期の判断も検討する。

このエントリーをはてなブックマークに追加