佐賀県中学校体育連盟(島一満会長)は22日、今年の県中学校総合体育大会(県教育委員会、同連盟主催)について、26日に理事会を開いて開催の可否を判断する方針を明らかにした。

 県中学総体は、6、7月に男子18競技、女子16競技を予定している(駅伝は11月に開催)。新型コロナウイルス感染拡大を受け、8月下旬に東海地方で予定されていた全国中学校体育大会と、8月上旬の九州中学校体育大会は既に中止が決まっている。

 同連盟は感染状況を見ながら開催可否について検討を続けてきた。山下晃二理事長は取材に対し、「感染対策などについて県教育委員会とも慎重に協議を重ねている」と述べた。

 初めて中止となった県高校総体(5月29日~6月2日)は、6月20、21日を中心に代替大会を開催する。

このエントリーをはてなブックマークに追加