先月亡くなった映画監督の大林宣彦さんへの追悼を込め、初期代表作の「転校生」(1982年)と「異人たちとの夏」(88年)を立て続けに見た。もちろん新型コロナ禍の影響で、自宅での“巣ごもり”鑑賞。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加