松田一也町長に寄付金を手渡すサンポー食品の大石忠徳社長(左)=基山町役場

 基山町のサンポー食品は19日、新型コロナウイルス対策費として同町に寄付金を贈呈した。同町はコロナが落ち着いた後の経済対策や第2波、第3波を想定した準備などに活用する。

 町役場で開いた受納式では、大石忠徳社長が「今回誰も経験したことがないことが起こっている。少しでも役に立ちたいと思い、寄付を思い立った」と贈呈した。

 また20日には、町内の企業などにガスを供給する福岡県筑紫野市の筑紫ガス(前田健吾社長)も、同じ趣旨で町に寄付金を贈呈した。

このエントリーをはてなブックマークに追加