秀島敏行市長に除菌電解水給水器を手渡す永池の永池明裕社長(左)=佐賀市役所

 事務機器などを扱う佐賀市の総合卸業商社「永池」が18日、佐賀市に除菌電解水給水器1式を寄付した。市の子育て支援センター「ゆめ・ぽけっと」に設置し、手洗いやおもちゃの消毒用として使用する。

 給水器は同社の販売品。水道に設置して使い、除菌効果のある次亜塩素酸を含む微酸性電解水が生成できる。25日にセンターの授乳室に取り付ける。

 市役所であった贈呈式で永池明裕社長は「お世話になっている佐賀市に、何か恩返しができないかと考えた。設置先は多くの子どもが利用する場所で、最適な活用だと思う」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加