森﨑陽菜(もりさきはるな)さん

 鳥栖小5年の森﨑陽菜(はるな)さんは、幼稚園の年中の時から和同会の空手に週4回通っています。お兄さんが先にやっているのを見て「かっこいい」と思い、きょうだいで習い始めました。

 めきめきと腕を上げた陽菜さんは小学2、3年生の時には、県代表として全国大会に参加。今年は、新型コロナウイルス感染症のため延期となり、練習会場も閉鎖されているので練習もお休みで自粛しています。

 ほかにも鳥栖町づくり推進センターで川柳を習い、新聞の子ども川柳のコーナーで1席をもらうなど多才ぶりを発揮しています。先週から学校が始まり、一番楽しみにしていた遊ぶことができ、喜んでいます。

 今年から塾にも通い始め、多忙な年になりそうです。将来は発明家になりたいと、夢を大きく膨らませています。(地域リポーター・有馬治子=鳥栖市)

このエントリーをはてなブックマークに追加