代替大会開催について会見する落合裕二教育長(左)と県高体連の中島慎一会長=19日午後、佐賀県庁

 佐賀県教育委員会と県高校体育連盟(れんめい)は19日、新型コロナウイルスの感染予防(かんせんよぼう)のために中止した第58回県高校総合(そうごう)体育大会(県総体(そうたい))の代替(だいたい)大会を6月20、21の両日に開催(かいさい)すると発表しました。各競技(きょうぎ)の専門(せんもん)部に今週内をめどに、参加するかどうか意思を確認(かくにん)します。県内の感染状況(じょうきょう)によっては「中止もあり得る」としました。
 基本日程(きほんにってい)は2日間で、予備(よび)日として13、14、27、28日を設(もう)けました。開催日(かいさいび)は進学や就職(しゅうしょく)に向けた備(そな)えや、会場の選定など、準備(じゅんび)にかかる時間を考慮(こうりょ)して決めました。この期間での開催が難(むずか)しい競技は個別(こべつ)に検討(けんとう)します。
 今後、高体連の各競技専門部に大会を開くかどうか確認します。県教委によると、19日の専門部の委員長会議では、31競技のうち半数以上が参加の意思を示(しめ)したといいます。残りは各部で対応(たいおう)を協議するとしています。大会への参加、不参加については、学校や生徒本人の判断(はんだん)も尊重(そんちょう)します。
 大会に合わせ、県教委は感染症対策(しょうたいさく)の統一(とういつ)的な指針(ししん)をまとめます。観戦については、出場した部の部員は認(みと)める方針(ほうしん)。保護(ほご)者の応援(おうえん)については、落合裕二(ゆうじ)県教育長が「現状(げんじょう)では難しい」との認識(にんしき)を会見で示しました。11日に中止が決まった県総体には、31競技に約7000人が出場する予定でした。(20日付1面)

このエントリーをはてなブックマークに追加