税の仕組みとあり方を考える市民フォーラムが24日、佐賀市で開かれた。約270人が参加し、1月に改正された相続税などについて税理士らと意見を交わした。 九州北部税理士会が、毎年国に行っている税制改正の提案に市民の声を反映しようと企画。県内では初めて開いた。