弁当を贈ったホテルニューオータニ佐賀の江越久隆総支配人(左)と、佐賀中部保健福祉事務所の瀬戸口義郎所長=佐賀市八丁畷町

 ホテルニューオータニ佐賀(佐賀市)が21日、新型コロナウイルスの防疫業務を担っている佐賀中部保健福祉事務所と県衛生薬業センターに、100人分の弁当を贈った。感染拡大防止に携わる職員たちに、食を通じて支援の気持ちを届けた。

 弁当は、食品卸「トーホーフードサービス」(本社・神戸市)の佐賀支店から食材の提供を受け、ホテル内の中華料理「大観苑」が手掛けた。江越久隆総支配人らがエビチリやチャーハンなど7種類の料理を詰めた弁当を届け、職員たちは「おいしい」「豪華」などと笑顔で味わっていた。

 江越総支配人は「苦しい状況下でもできることを考えた。おいしい料理で一人でも多くの人を笑顔にできれば」。佐賀中部保健福祉事務所の瀬戸口義郎所長は「ホテル業も厳しい中、気に掛けてくれてありがたい。気持ちを受け取り、業務にまい進していきたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加