日々、面白い発見があるという松元佑希菜さん

 外国人が日本に短期滞在しながら創作活動を行う際のコーディネートや、子ども絵画講師をしている松元佑希菜(ゆきな)さん(32)。アート活動と語学習得のためにオーストラリアのメルボルンに滞在し、帰国後にその経験を生かせる仕事を探していた時、今の仕事に巡り合い、武雄市に移住しました。

 武雄や近隣のさまざまな伝統や文化を学ぶ機会があり、「素晴らしいな」と感じることが多々あるそうです。初めて訪れる外国人にとっては、私たちが何げなく見過ごしているものも新鮮で、日々、面白い発見があると言います。アートを通して、地域や老若男女、外国人とつながっていきたいと思っています。(地域リポーター・永松直子=江北町)

このエントリーをはてなブックマークに追加