ドライブスルー方式で弁当などを受け取る買い物客=江北町山口のネイブル駐車場

 江北町の交流センター「ネイブル」の駐車場で、21日から弁当や総菜をドライブスルー方式で販売する「こうほく市」が始まった。新型コロナウイルスの感染防止のため、利用客は乗車したまま購入していた。

 九州ケータリング協会(佐賀市)が主催。協会の加盟店など10店舗が出品し、弁当のほか町内産の農産物も販売した。客は車内で注文票に記入し、窓から商品を受け取っていた。中島一会長(43)は「消費者が安心して購入できるスタイルをつくって、飲食店を支援できれば」と話した。

 こうほく市は27日までで、午前11時半~午後6時に同駐車場で実施する。23、24日は上峰町のパチンコ店「キャロル上峰店」の駐車場でも実施する。問い合わせは中島さん、電話080(9062)5456。

このエントリーをはてなブックマークに追加