佐賀県警伊万里署は20日、団地の自室に火を付けて燃やしたとして現住建造物等放火の疑いで、西松浦郡有田町戸矢、無職の男(27)を逮捕した。

 逮捕容疑は1月11日午前1時50分ごろ、当時住んでいた伊万里市脇田町の県営住宅3階の自宅に火を放ち、約55平方メートルを全焼させた疑い。男は「放火したわけじゃありません」と否認している。

 伊万里署によると、現場は鉄筋コンクリート4階建て。16世帯が入居し、けが人はいなかった。出火当時、男は5人暮らしで、妻と3人の子どもは実家に帰省中だった。住人が119番し、男とは連絡が取れていなかった。火を付けた方法や動機などを調べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加