8月に開催される予定だった全国高校野球選手権の中止が決まった。開幕まで3カ月近くあり、このまま順調に新型コロナウイルスの感染が収束に向かえば、なんとか開催できるのではないか、との見方もあっただけに残念だ。

 甲子園球場での高校野球はスポーツの枠にとどまらない、特別な意味があると多くの人は受け止めている。出場校の都道府県、特にその市町村は市民を挙げて球児の活躍を応援する。

 地方大会を勝ち抜き、出場権を得たチームは地域の誇りだ。甲子園で勝ち進めば、それこそ大きな熱気を地元に巻き起こす。

 年齢も男女の別も関係なく、これほどまでに地域住民を夢中にさせる真夏の行事は他になかなか見つからない。

 日本高野連は既に春の選抜大会を中止していたこともあり、夏の選手権大会も開催は難しいと受け止めていた。

 多くの学校が休校に追い込まれ、遅れを取り戻すために、例年の夏休みの時期に授業を組み入れると予想されていることもある。

 やはり夏休み中に開催されるインターハイは中止が早々と決まっていた。学校体育の枠組みの中で、甲子園大会だけが特別扱いされるような印象を与える「予定通りの開催」には反対意見があったのだろう。

 甲子園球場のある兵庫県西宮市周辺でのチーム宿舎の確保は、感染防止策との兼ね合いで、難しいとみられていたことも、中止やむなしの雰囲気が広がる背景にあったようだ。

 プロ野球は6月下旬の開幕を目指し、チームとしての練習を次々に始めた。サッカーのJリーグも中断からの再開を目指し、チーム練習が広がった。

 しかし、プロスポーツと学校の部活動は性質が大きく異なる。球児の置かれている状況を考えれば、やはりこの決定はやむを得ない。

 さて、これで球児たちの夢は全て消えてしまうのだろうか。高校野球を支える関係者は、そうならないための方策を整えなければならない。

 全国選手権大会は中止となったが、日本高野連は各地域の大会の開催について、支援の要望があれば検討する姿勢だ。

 野球部の活動機会を確保する努力は練習の再開だけでなく、選手の試合出場の機会をつくり出すことにも向けられるべきだ。例年のように「地方大会」と呼ぶことはできなくなったが、各都道府県の高野連はここで、それぞれ優勝校を決める大会の開催を諦める必要はない。

 球児が春までの練習の成果を生かし、これから再開するであろう練習を実りあるものにするために、各関係者は開催の可能性を追求してほしい。

 各都道府県の大会を実現することと、選手がその優勝を目指し競技することは、困難な状況の中でベストを尽くす証しになるはずだ。

 球児は練習が足りず、試合ではエラーが多くなるかもしれない。応援するブラスバンドも練習不足で、音が外れることがあるかもしれない。

 それでも構わない。高校野球は日本の夏に欠かせないスポーツ文化だ。甲子園につながる道は消えてしまったが、地方球場のグラウンドと観客席で、明るい笑顔が広がる景色をみんなでつくり出したい。(共同通信・竹内浩)

このエントリーをはてなブックマークに追加