豊臣秀吉画像(佐賀県立名護屋城博物館所蔵)

県立名護屋城博物館

 佐賀県立名護屋城博物館(唐津市鎮西町)は、所蔵の「豊臣秀吉画像」をオープンデータにする。画像は営利、非営利を問わず自由に利用できる。幅広く利用してもらい、同館の知名度アップも目指す。

 「秀吉画像」は掛幅1幅の絹本著色(けんぽんちゃくしょく)。寸法36・3センチ×24センチ(本紙)。狩野派か、長谷川派の絵師による17世紀初めごろの作と考えられている。県文化財保護審議会が「秀吉画像」を県重要文化財に指定するよう答申したことから、オープンデータとすることになった。

 画像は名護屋城博物館のウェブサイトからダウンロードする。申請手続きもなく無償で複製、二次利用ができる。利用の場合「佐賀県立名護屋城博物館所蔵」のクレジットを入れる。二次利用については同館にメールで報告し、成果物は寄贈の協力を呼び掛けている。

 名護屋城博物館は「表情や手先、服など細部を丁寧に描き込んでおり、画像の状態も良い」と話す。問い合わせは同館、電話0955(82)4906。

このエントリーをはてなブックマークに追加