運休となるハウステンボス号

 JR九州は19日、新型コロナウイルスの感染拡大によって利用者が激減しているのを受け、6月1~30日に在来線特急と観光列車の計3188本を運休すると発表した。

 佐賀関係では、博多―ハウステンボスの「ハウステンボス」240本の全便、博多-佐世保の「みどり」240本の全便、佐賀-長崎の「或る列車」26本の全便を運休する。博多―長崎の「かもめ」も300本の運転を取りやめる。

このエントリーをはてなブックマークに追加