佐賀県唐津市は21日から、唐津城天守閣や曳山展示場など30施設の休館・制限措置を解除する。新型コロナウイルス感染防止のため観光・文化施設を中心に31日まで休館としていたが、政府の緊急事態宣言解除を受け前倒しする。

 市は10日まで計202施設を休館していた。11日から段階的に開館を始め、20日まで34施設が休館となっていた。

 松浦河畔公園野球場など90の体育施設は31日まで、利用を県内在住者に限定。離島の宿泊施設「めぐりあいらんどおがわ」(呼子町小川島)と「ふれあいランド馬渡」(鎮西町馬渡島)は31日まで、利用を市民や玄海町民に限定する。浜玉町世代間交流センター「やすらぎ荘」は22日から開館する。

 市少年科学館(プラネタリウム)は6月1日に開館を予定し、競艇場とボートレースチケットショップ2カ所は国土交通省などの要請解除が出るまで休館する。

このエントリーをはてなブックマークに追加