小松政市長(右)にマスクを手渡すKASHIYAMA―SAGAの山口耕二社長=武雄市役所

 佐賀県武雄市橘町の縫製会社「KASHIYAMA―SAGA(カシヤマ・サガ)」は18日、武雄市にマスク1000枚を贈った。

 同社は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、既存の生産ラインを布製マスクのラインに切り替え、半月ほど前から一日に7000~8000枚を製造している。山口耕二社長が市役所を訪れ、小松政市長に「地元で製造したマスクを感染防止に役立ててもらえれば」と贈った。市は保育所や幼稚園の保育士、放課後児童クラブの支援員らに配る。

このエントリーをはてなブックマークに追加