マスク1万枚を贈ったNEXT INNOVATIONの鶴有紀さん(中央)と一心工業の鶴啓介さん(右端)=神埼市役所(市提供)

 佐賀県神埼市神埼町尾崎の産業廃棄物処理業「NEXT INNOVATION」(鶴有紀代表)と、はつり業「一心工業」(鶴啓介代表)は13日、神埼市にマスク1万枚を贈った。

 両社は、いじめ撲滅のため「プロレスリングフェスティバル」を開くなど子どもの健全育成に力を入れている。今回も「子どもたちや教育現場の役に立てれば」と寄贈を決めた。

 鶴有紀代表(36)は、子どもたちが出場する大会が中止になっていることに触れ、「子どもたちの活躍の場が失われないためにも、コロナ収束に向けてみんなが予防に取り組むことが大事」と話した。市は市内の保育園や小中学校などに配る予定。

このエントリーをはてなブックマークに追加