佐賀七賢人の一人で、書家としても知られる副島種臣(1828~1905年)に関する収蔵品を公開するテーマ展が、佐賀城本丸歴史館で開かれている。自由な発想が光るデザイン性の高い書や、種臣の心情が垣間見える作品など、約20点を並べる。