都道府県別移住希望地ランキング

 地方移住を支援するNPO法人「ふるさと回帰支援センター」(東京)は、相談者を対象とした2019年の都道府県別の移住希望地ランキングを発表した。佐賀県は前年の10位から8位に上がり、2009年の調査開始以降、初めて1桁台に入った。トップは長野県が3年連続で飾り、2位広島県、3位静岡県と続いた。

 年代別でみると、佐賀は20代以下が全国3位、30代が同5位。若い世代に移住希望が高くなっており、近年、佐賀県を舞台にしたアニメやゲームとのコラボなどが若者に刺さっている一面も垣間見える。

 佐賀県は15年に開設した相談窓口「さが移住サポートデスク」を中心に、移住促進事業に取り組んでいる。19年度は、ふるさと回帰支援センターでテーマ別に計18回のセミナーを実施した。県外からの移住者は、18年度は前年より62人少ない574人。総務省が今年1月に公表した19年の人口移動報告では、転出者が転入者を1754人上回る「転出超過」だった。

 今年は新型コロナウイルスの感染が拡大し、人の流れにも影響が出ている。佐賀県の担当者は「地方に目が向くのかも含め、今後の変化を注視している。移住希望者にしっかりと情報を届け、移住促進につなげたい」と話す。

 調査は、センターの利用者やセミナー参加者約1万1千人に尋ねた(複数回答可)。長野は根強い人気で、年代別でも30~60代で首位だった。広島は前年の6位から躍進。「瀬戸内ライフ」や新しい働き方、プロ野球の広島カープといった地域の魅力を発信し、若い世代を中心に関心を集めている。

■佐賀県を舞台にしたアニメ

ユーリ!!! on ICE

ゾンビランドサガ

■佐賀県コラボのゲームやイベント

ストリートファイターII

ロマンシング佐賀 2020 

Sagakeen(スプラトゥーン)

おそ松さん さが松り

ニャース気球 佐賀襲来(ポケットモンスター)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加