鳥栖署などは17日、盗みの疑いで群馬県伊勢崎市の建設作業員の少年(19)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は昨年8月24日、他の共犯者と共謀し、鳥栖市内の90代女性宅で金融庁の職員などをかたってキャッシュカード1枚を盗み、市内2カ所のコンビニエンスストアのATMで計31万9千円を引き出して盗んだ疑い。「受け子を勧誘したり、報告を受けたりしていた」と容疑を認めている。

 同署によると、少年は5月7日、詐欺と盗みの容疑で逮捕=処分保留=されていた。犯行グループの中で指示役を担ったとみており、余罪を調べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加