九州花火大会(2019年度の様子)

 唐津市と佐賀新聞社でつくる「九州花火大会実行委員会」は、新型コロナウイルス感染拡大防止への対応で、7月18日(土曜日)に予定していた大会を9月21日(敬老の日・月曜日)に延期することを決めた。会場は同じ西の浜海水浴場で実施する。ただ、今後の感染状況次第では開催可否を改めて検討する。

 唐津の夏のメインイベントで、夏の花火大会シーズン開幕を告げる日程で取り組んできたが、新型コロナの影響を見極める必要があると判断した。

 大会はDHCの特別協賛で開き、今年で68回目。例年、午後8時から開始していたが、9月実施の場合は1時間繰り上げて午後7時から約1時間、計6千発の花火を打ち上げる。

 大会当日の昼間に唐津東港を主会場に開かれていた「海のカーニバル」は既に中止が決まっている。

 花火大会の問い合わせは大会事務局(佐賀新聞プランニング)、電話0952(28)2151。

このエントリーをはてなブックマークに追加