手作り布マスクを寄贈した神埼清明高ボランティア部の江副真歩さん(左)と山田菜々美さん(右)。中央は受け取った松本茂幸市長=神埼市役所

 神埼市の神埼清明高ボランティア部は14日、手作り布マスク50枚を神埼市に贈った。市の学習支援事業を利用している児童生徒に配布される予定。

 1、2年生13人が製作した。4月始めに子どもたちがマスク不足で困っている状況を耳にし、布マスクを作ることを決めた。同校の教職員に使っていない布の寄付を呼び掛け、材料を用意。布の裁断、ミシン縫い、アイロン掛けなど分担して、休校に入る21日までの2週間、急ピッチで作業した。

 作ったのはひだ付きのマスクで、市役所であった贈呈式で2年の江副真歩さんは「縫っている間に、形が崩れるのが大変だった」と振り返った。同じく2年の山田菜々美さんは「部員みんなで楽しんで作れた。子どもたちのために役立ててほしい」とマスクを手渡した。

このエントリーをはてなブックマークに追加