クリアファイルでフェイスガードを手作りした生徒たち=唐津市肥前町の肥前中学校

 佐賀県唐津市肥前町の肥前中(前田真也校長)の生徒たちが14日、クリアファイルを使ってフェイスガードを手作りした。生徒たちはクリアファイルに台紙を挟み、書かれた線に沿ってはさみを入れフェイスガードを完成させた。今後、生徒同士が対面する機会の多い授業で利用する。

 学校再開前日の13日夕、前田校長の発案でフェイスガードの作成が決まった。

 前田校長は「学校で今できることを精いっぱい考えている。付けない生徒もいるかもしれないが、(感染予防について)意識付けになれば」と語った。

 3年の坂本理帆さんは「グループワークのときに使える。飛沫(ひまつ)も気になるし、考えてくれた校長先生に感謝したい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加