「今度食べ来る券」の見本

唐津経済協議会が実施する「先払い! 今度食べ来る券」事業のポスター

 新型コロナウイルスの影響で苦境に陥る唐津市内の飲食店を助けようと、唐津経済協議会(会長・宮島清一唐津商工会議所会頭)が、「先払いチケット」事業を始めた。千円券5枚に特典500円券が付いたセットを5千円で販売。客足を早く戻すとともに飲食店の資金繰りを助ける。

 チケットの名称は「先払い! 今度食べ来る券」で、参加店舗が発行、販売する。チケットは店舗で購入し、原則購入した店舗でのみ使う。有効期限などは各店が独自に設定。15日から一部で販売が始まった。

 同協議会は唐津商工会議所、唐津上場商工会、唐津東商工会、唐津観光協会の4団体で構成。4団体で約450飲食店(料亭旅館含む)の個人・法人会員がおり、現在、会員に参加を募っている。参加店舗は店頭などにチラシを掲示するほか、唐津商工会議所のホームページに掲載している。

 同協議会は「コロナ禍が落ち着いたら、いろいろなお店に行ってもらいたい。チケットを増刷するくらい盛り上がれば」と話す。問い合わせは唐津商工会議所、電話0955(72)5141。

このエントリーをはてなブックマークに追加