新型コロナウイルスの感染拡大を受け、31日まで臨時休業を予定していた佐賀市富士町の古湯・熊の川温泉の旅館などは、前倒しで休業を解除し、18日から営業を再開する。

 旅館関係者らでつくる「古湯・熊の川温泉観光コンベンション連盟」が16日に開いた協議会で決定した。再開するのは同連盟に加盟する全19施設。うち一部の施設は点検などの都合で19日以降に再開する。

 39県で緊急事態宣言が解除されたことや、客の6割弱を占める福岡県で感染者数が減少していることなどを踏まえて判断した。19施設は4月22日から一斉に休業していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加