子ども新聞のコラムでは、長期休校の感じ方の違いを例に挙げましたが、人にはいろいろな違いがあり、それがアイデンティティーになっています。人種や国籍、セクシュアリティーや政治的立場、信仰などから食べ物の好き嫌いまで、完全に同じ人は絶対にいません。