1993年7月の衆院選投開票日。当落を待つ陣営事務所の取材の際、「ショルダーフォン」を持たされた。事務所の動きを本社に伝える時、公衆電話に走らずに済んだが、壊したらどうしようと緊張したことを覚えている。今考えると、あのショルダーフォンが移動通信の1G(第1世代)だった◆あれから約30年。通信技術の進歩は目覚ましく、ショルダーフォンはスマホに形を変え、1Gは5G(第5世代)へと進化した。日本でも今年、5Gサービスが始まった◆きょう5月17日は「世界情報社会・電気通信の日」。コロナ禍でテレワークが見直されたのを機に、さらに技術開発が進むだろう。近い将来、職場に配備されたAI(人工知能)ロボットを自宅でスマホを使って操作しているかもしれない◆とはいえ、わが身を振り返ると、スマホの機能のうち、1割も使いこなせていないような気がする。何か困ったことがあると、子どもに教えを請うのが現実だ。今のうちに勉強し、進化の波に乗り遅れないようにしなければ◆今年の子どもの本総選挙で、さまざまな生き物の不可解な生態を紹介する『ざんねんないきもの事典』が2年連続1位に輝いた。続編も登場している。「デジタルネガティブ世代=スマホを使いこなせなかった21世紀の中高年」と、この本に書かれないよう頑張ろう。(義)

下記のボタンを押すと、AIが読み上げる有明抄を聞くことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加