新型コロナウイルス感染症対策で延期になった有田陶器市(西松浦郡有田町)の代わりに開かれたインターネット販売「Web有田陶器市」は、概算で約3万件の注文があったことが15日、分かった。運営した有田商工会議所は「参加事業者の多くから、思ったより注文が多かったと聞いている。初開催としてはいい数字では」と話している。

 窯元や商社、陶磁器販売店129事業者が報告した注文件数を町がまとめた。一つの店で2千円以上の購入をした場合は町が送料を負担しており、その件数を集計した。1事業所当たりの件数は平均約230件。

 Web有田陶器市は実際の陶器市と同じ4月29日から5月5日まで1週間開き、特設サイトへのアクセス数は約46万だった。「例年は福岡を中心に九州からの来場が多いが、ウェブでは関東、関西圏の購入も目立ち、購買者のエリアが広がった」と、新たなファンを獲得する効果もあったとみている。

このエントリーをはてなブックマークに追加